保育士になるには|最短で資格取得する方法【保育士資格ラボ】

高卒以上

今回は、高校を卒業以上の学歴を持っている方が最短で保育士の資格を取得するための方法について詳しくみていきたいと思います。

 

高校卒業以上の方の場合、最短で保育士になる方法は大きく別けて二つあります。

 

まず、一つ目は平成3年3月31日以前に高校を卒業している方であれば、厚生労働省の指定する学校を卒業しなくても保育士試験の受験資格が与えられます。この試験に全科目合格すれば、保育士の資格を取得できるというわけです。

 

この方法なら、最短3ヶ月で合格も夢ではありません。ただし、独学の場合はとても大変です。現在、保育士として働いている方の8割は養成学校に通って資格を取得しています。残りの2割の方が独学や、通信制の大学で勉強されて合格しているという計算になります。どうしても、すぐに資格を取得したいという方はこの方法を検討してみてはいかがでしょうか。

 

それから二つ目の方法として高校を卒業した方であれば、厚生労働省が指定する短大の保育課に入学し国家資格を受験して合格すれば最短2年で保育士になることが出来ます。2年という期間はかかりますが、この方法が一番確実に資格を取得できる最短の方法です。

 

他にも保育士養成学校を卒業していなくても、学歴や年齢によっては受験資格を与えられる場合もあるので気になる方は一度調べてみると参考になります。今回は、高校卒業した方で最短で資格を取得する場合でしたが、是非他の方法も見ておくと良いでしょう。

 

合わせて幼稚園教諭もとれると便利?!

高校卒業後、保育士の資格を取得するには最短でも2年かかります。その2年という期間を更に有効活用するために、幼稚園教諭の資格も合わせて取得しておくととても便利です。

 

現在、日本では少子高齢化が進み保育園と幼稚園が一体となった『幼保一元化』が進んでいます。このような現状にも対応できるように、幼稚園教諭と合わせて取得できる保育課に進学することをお勧めします。

 

2年あれば、十分幼稚園教諭と保育士の資格を取得できる学校はたくさんあります。是非、一度調べてみて下さいね。

 

以上が高校卒業以上の方が、最短で保育士の資格を取得する方法です。高卒以上の方でこれから保育士になろうと考えている方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

短大卒以上

短大卒業以上の方が保育士の資格を最短で取得するには、どのような方法があるのでしょうか?一緒にみていきましょう。

 

まず、短大卒業以上の方が最短で保育士の資格を取得するには保育士試験を受験して合格することが最短で取得できる方法になります。

 

短大を卒業していれば、保育士養成学校ではない保育とは全く関係のない短大でも受験可能です。ただし、保育士試験に全て合格しなければなりません。

 

現在、保育士として働いている方の約8割の方が保育士養成学校に2年通って保育士資格を取得してものなので、決して簡単ではありません。ただし、独学で勉強してわずか3ヶ月で合格した方もいるので全く出来ない方法ではありません。

 

ただ、それだけ独学で勉強して合格する自信のない方には今から保育士養成学校に入学して一から勉強することをお勧めします。学校に通うことが難しい場合は、通信制の学校もあるので調べておくと良いでしょう。期間は、短大や専門学校に通うのとほぼ同じ2年間になります。

 

それでも、しっかり2年間勉強し試験に合格すれば卒業と同時に資格を取得することが出来ます。今では、保育士資格だけでなく幼稚園教諭の資格も合わせて取得できる学校がほとんどなので、この両方の免許を持っていると後々就職にも役立ちます。

 

集中して独学で勉強するのが難しい方は、2年間しっかり勉強して資格を取得してみてはいかがでしょうか。2年という期間はかかりますが、保育についてしっかり学べる期間だと思えば確実に資格を取得できる最短コースだといえるでしょう。

 

幼稚園教諭の資格を持っている方は必見?!

短大を卒業している方で、幼稚園教諭の資格を持っている方にはお勧めの方法があります。それは幼稚園教諭として3年かつ4,320時間以上の勤務経験がある方は、特例を利用する事で保育士試験が目指しやすくなります。

 

例えば、保育士になるために不足している8単位を取得することで筆記試験が免除されたり、筆記試験は全部で9科目あるのですがそのうち3科目と実技試験が免除されるというシステムがあります。

 

是非、一度確認してみて下さいね。以上が保育士の資格を最短で取得するお勧めの方法になります。

更新履歴