保育士|保育園における仕事の1日の流れ

保育士になりたいという方の中には、保育士になって働く姿を想像するという方も多いと思います。

 

では、実際に保育士の資格を取得し、保育園で働くとなると、どのような流れになるのでしょうか。

 

保育園での一日の仕事の流れはどんな感じ?

では早速、とある保育士の一日の仕事の流れを見ていきたいと思います。

 

あくまでも一例ですので、参考程度にご覧ください。

 

とある保育士の一日
朝7時半頃…出勤

大体朝7時半頃に出勤し、ミーティングなどを済ませます。

 

早朝保育を行っている保育園では、さらに早く出勤し、7時頃からこども達を預かるところもあります。

 

朝8時半頃…こども達が登園する

この頃になると、こども達が登園してきますので、迎え入れます。

 

どうしても保育園に慣れないこども達の場合、泣き出してしまったり、嫌がったりすることがあります。

 

その場合には、保育士がしっかりとこども達の対応を行っていきます。

 

こども達の体調などを保護者の方から伺ったり、保護者の方とコミュニケーションをとることも多くあります。

 

朝9時頃…遊びの時間

こども達の点呼や体調の確認などを済ませたら、遊びの時間へと移ります。

 

お散歩をしにいったり、外での遊びなどを行い、こども達の安全確保を行います。

 

一人で遊んでいるこどもが居たら、保育士が声をかけ、みんなと一緒に遊べるようにしていきます。

 

一人一人のこども達をしっかりと観察し、異常はないか、元気に遊んでいるか、新しく出来る様になったことはあるか等を見ていきます。

 

昼11時頃…ご飯

お昼ごはんの準備を行い、こども達と一緒に食べます。

 

好き嫌いをしているこどもにも、ちゃんと食べることができるように声掛けを行います。

 

食べる事が出来れば、ちゃんと褒めてあげてくださいね。

 

昼13時半頃…お昼寝

お昼寝の時間には、こども達がぐっすり寝ていることを確認し、保育士は別の仕事に移ります。

 

保護者の方への連絡ノートにこども達のことを記載したり、事務処理などを行います。

 

午後15時頃…おやつの時間

こども達が大好きなおやつの時間です。

 

みんなが美味しく食べられるように、声掛けを行ったり様子を観察したりします。

 

午後16時半頃…降園

帰りの準備を行い、お迎えに来られたこども達から帰っていきます。

 

保護者の方に連絡ノートを手渡し、その日にあった出来事や、こども達の様子などを伝えます。

 

何か不安な点などがある際には、このときに話し合ったりもします。

 

午後17時半頃…退勤

このように、保育園の保育士は、こども達が寝ている間も別の仕事をしていくことになります。

 

保育園にも遅番や早番があったり、24時間保育を行っているところもありますので、出勤時間などは様々です。

 

保育内容もそれぞれの園によって異なりますので、これはほんの一例です。