保育士になるには?

保育士という職業は、小さなこどもが好きだという方にとってとても人気となっている職業です。

 

小さなこどもも憧れている保育士という仕事に就くためには、どうすればいいのでしょうか。

 

保育士になるためにはどうすればいいの?

保育士になるための方法には、大きく分けて二つの方法があります。

 

1.保育士の国家試験を受験して合格すること
2.厚生労働省が指定する保育士の養成校を卒業すること

 

大きく分けると、この二つの方法となっています。

 

保育士の国家試験に合格するという方法は、いくつかの受験資格のうち一つを満たすことが条件となっています。

 

保育士を目指す社会人の方や、保育士とは関係のない大学・短大・専門学校を出ているという方などに人気の方法です。

 

そして、厚生労働省が指定する保育士の養成校を卒業するという方法では、卒業と同時に保育士の資格を取得することが出来ます。

 

厚生労働省が指定している養成校には、大学・短大・専門学校などがあり、保育に関する学部があるところでも、指定されていない場合もありますので注意が必要です。

 

この二つの方法のうち、いずれかの方法を選んで保育士になることが出来ます。

 

保育士はどこに勤務できるの?

保育士として働くとなれば、どのようなところに勤務することが出来るのでしょうか。

 

保育士として働くといえば、保育園を想像される方が多いと思うのですが、実は他にも就職先があるのです。

 

・保育園
・乳児院
・児童養護施設
・障害児施設
・イベント会場の保育スペース
・病院内の託児所
・企業の託児所
・ショッピングモールの託児所

 

などなど、保育士として勤務する際には、保育園以外での就職先もあるのです。

 

最近では、共働きの家庭の増加に伴って、保育士の需要が高まりつつありますので、様々な場所での活躍が期待されています。

 

特に病院などでは、看護師への福利厚生として託児所を設置しているところも増えてきています。

 

そのような事から、就職先は幅広くなっているのです。