独学で保育士資格を取得することはできる?

保育士になりたいと憧れを抱いておられる方の中には、養成校に通うことなく、独学で保育士の資格を取得したいという方もおられるのではないでしょうか。

 

この保育士の資格は、国家資格となっていますが、独学で取得することは可能なのでしょうか。

 

ここでは、保育士の資格を独学で取得することについて、ご説明していこうと思います。

 

保育士の資格は独学でも取得できるの?

保育士になりたいという夢がある方の中には、家庭の事情などから養成校に通うことが難しいという方もおられると思います。

 

ですが、そのような事情があっても、保育士の資格を独学で取得することが出来れば、とても嬉しいことです。

 

結論から申しますと、独学で保育士の国家資格を取得することは可能です。

 

ただ、簡単なわけではありません。

 

保育士になる方の多くは、厚生労働省が指定する保育士の養成校を卒業し、卒業と同時に保育士の資格を取得されています。

 

ですが、そのような方法以外に、社会人の方や、保育士の養成校以外の学校を卒業された方が受験される、保育士の国家試験を受験するという方法があります。

 

この方法には受験資格が存在しており、その受験資格のいずれかを満たしていなくてはなりません。

 

受験資格は、以下のとおりです。

 

・大学を卒業している(卒業見込みがある)
・短大を卒業している(卒業見込みがある)
・専門学校を卒業している(卒業見込みがある)
・平成3年3月31日までに高校を卒業している
・高校を卒業後に、児童福祉施設にて2年以上、2,880時間以上勤務経験がある
・中学を卒業後に、児童福祉施設にて5年以上、7,200時間以上勤務経験がある

 

など、このような受験資格の中のうち、一つでも条件を満たしていなくてはなりません。

 

ただ、保育士に関する学部や学科以外の出身であっても、受験することが出来るというのは、とても嬉しい話です。

 

実務経験があるという方は、そのような経験を活かして受験することも可能となっていますので、一度確認してみてくださいね。

 

上記のような受験資格を満たしている方であれば、独学で保育士の資格を取得することは可能です。

 

ですが、試験対策を独学で行うということは、想像以上に難しいとも言えます。

 

どのような問題が出題される傾向にあるのか、どのようなテキストを使用すればいいのか、どのようにスケジュールを立てたら良いのか等、分からないことが多すぎるためです。

 

そのため、保育士の国家試験の受験対策を行っている通信講座や通学講座などを受講し、しっかりと指導を受けながら試験対策を行うという方法がおすすめです。

 

今の生活状況からして通学講座は難しいという場合には、通信講座を受講し、自分のペースで学習することも出来ます。

 

独学で受験して失敗してしまうことがないように、講座だけは受講しておくことをおすすめします。