保育士の仕事内容とは?

今回は、保育士の仕事内容について一緒に詳しくみていきましょう。

 

まず保育士の一日の流れから見ていきましょう。保育士の朝はとっても早いです。

 

園にもよりますが、大体朝の8時から始まります。登園してくる園児達を迎え入れるため、7時半頃出勤して掃除や準備をします。そして、出席確認やうがい・手洗い・オムツ替えを済ませます。

 

10時から、朝の会が始まります。歌を歌ったり、手遊びをしたりゲームをします。天気が良ければ近くの公園まで散歩に行きます。

 

11時から、昼食になります。食べる前の「いただきます」や食べ終わった後の「ごちそうさま」など基本的な事を身に付けられるようにします。

 

12時から14時半までがお昼寝になります。この時間に、先生達はお昼を頂きます。時間になったら、園児達を起こしオムツ替えなどを済ませます。

 

15時からおやつ、16時から自由遊び、16時半に帰りの会をして17時には保護者が迎えに来てくれます。

 

また月齢や年齢によっても、一日のスケジュールは異なります。例えば、2歳児クラスの場合は、自分達で布団の片付けなども出来るようになります。

 

自分で出来ることは、自分でさせる…というのも、子供達が成長していく上で必要な教育の一つになってきます。全てをやってあげることが保育士の仕事ではないのですね。

 

保育士は体力が必要不可欠!

保育士の仕事内容としては、8時から17時となっていますが実際にはもう少し長時間働いている方がほとんどです。園児達を迎え入れる朝の時間から、長時間保育を希望する園児達の世話・・・そして、後片付け。

 

誕生日会やクリスマス会などの、行事が重なった時には園児達が帰ってから計画を立てるので実際には20時近くに帰宅という場合が多いです。

 

また、体調を崩してしまってもなかなか休みをとることが出来ない仕事なので、体調管理には十分気をつける必要があります。体力が無ければこのような朝から晩まで一日中働くのは、厳しいでしょう。

 

是非、子供が好きというだけでなくしっかりとした体力もつけて保育士になれるといいですね。以上の点にふまえて、保育士の仕事を考えてみてはいかがでしょうか。

 

以上が保育士の仕事内容になります。