保育士養成校の種類はどれくらいある?

保育士養成校とは、厚生労働大臣の指定する指定保育士養成施設のことで、大学・短大、専修学校の3種類があります。

 

いずれも、「社会福祉」「児童家庭福祉」「保育の心理学」「子どもの保健」「子どもの食と栄養」など、保育士に必須とされる専門課程を履修していきます。

 

保育士といえば、国家資格ですが、これらの保育士養成校では、すべての課程を修得すれば、卒業と同時に、保育士の資格を取得することができます。

 

保育士養成校の種類と、それぞれの代表的な施設を挙げていきましょう。

 

大学

厚生労働大臣の指定保育士養成施設である4年制大学で、所定の単位を取得し、卒業することによって、自動的に保育士資格が取得できます。通信教育を設置する大学もあります。

 

大学によっては、幼稚園教諭免許、小学校教諭免許の同時取得が可能なところもあります。(例:玉川大学/教育学部乳幼児発達学科、他)

 

短期大学

厚生労働大臣の指定保育士養成施設である短期大学に通い、所定の単位を取得し、卒業することによって、自動的に保育士資格が取得できます。通信教育を設置する短大もあります。

 

幼稚園教諭免許の取得が可能な短期大学もあります。(例:青山学院女子短期大学/子ども学科、他)

 

専修学校

厚生労働大臣の指定する「保育士を養成する学校その他の施設(大学・短期大学・専門学校以外)となり、県やNPOなどの社会福祉法人が運営しています。修業年数は2?3年となっており、所定の単位を修得し、保育園・児童福祉施設への実習を行い、卒業によって資格取得となります。

 

通信教育や、夜間部を設けているスクールもあります。(例:竹早教員保育士養成所/保育士科、他)

 

まとめ

これらの中には、女子のみの募集を続ける施設もあれば、「男子受験可能」として、男性保育士育成の機会を設けているところもあります。

 

もちろん、保育士資格を取得しただけでは、保育士として働くことはできません。

 

保育士登録を行い、保育士証の交付を受けてから、はじめて、保育士としての就業が可能となるのです。