保育士に将来性はあるの?

現在、日本では少子高齢化が急速に進んでいます。これでは、保育士の需要は少なくなってしまうのではないか?と危惧される方も多いでしょう。

 

今回は、この保育士の将来性について一緒に詳しくみていきたいと思います。

 

確かに子供の数が減ってきているという事実はあります。しかし、だからといって保育士の需要も平行して減っているのかというと決してそうではありません。

 

今の日本は、不況のために共働きの夫婦が多くなっています。そのため、幼稚園よりも長時間預かってくれる保育園の需要が高まっているのです。

 

また保育園に預けたいのに預けられない・・・といった待機児童が増える一方で保育士が不足しているというのが現状です。

 

政府はこうした問題を解決するため、保育士の募集を全国各地で呼びかけています。

 

また、今では保育園だけでなくデパートやスポーツセンターでの一時預かりや託児所のサービスが増えてきています。

 

保育士の資格を持っていれば、将来このような場所でも働くことが出来るのです。

 

保育士としてだけでなく子供と関わる仕事がしたい方には、このような関わり方も是非お勧めしたい働き方の一つです。

 

少子化だからこそ、一人ひとりを大切にする教育を!

少子化だからこそ、子供一人にかけるお金が増えるという考えもあります。お金に余裕のある富裕層の方達は、より質の高い教育を求めて幼稚園や保育園を選びます。

 

こうした保護者のニーズに合わせた保育のスペシャリストが必要になってくるでしょう。保育士の資格を持っている方だからこそ出来る仕事ではないでしょうか。

 

また少子化にともない『幼保一元化』が行われている今の日本です。これからどのような教育をしていくのか?保護者が求める保育園・幼稚園とはどのような形なのか?これを考えていくことが、更なる保育士に求められる仕事になるでしょう。

 

是非、これから保育士を目指そうと思っている方、既に資格を持っている方、どのような目標を持って仕事に取り組むか?どのような教育に携わっていきたいのか?これを明確にしてみてはいかがでしょうか?

 

以上が保育士の将来性についてになります。是非、参考にしてみて下さいね。