保育士試験|独学の中でも最安の方法とは?

独学で最安となる保育士試験の受験方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

費用を少しでも抑えるために、独学で学びたいという方もおられると思いますので、今回はこの部分について見ていきたいと思います。

 

独学で最安となる方法って…?

まず、独学で受験しようとされている方の場合、どうしてもテキストなどを購入する必要があります。

 

テキストや問題集、過去問題集などを自分で選び購入するとなると、人によってはどれが良いのか決められずに色々手を出してしまい、大量に買い込むこともあるかもしれません。

 

そのような事になれば、いざ勉強をはじめても、様々なテキストを少しずつかじって、結局良く分からないまま試験を迎えるということも有り得ます。

 

テキストは出来れば自分が分かりやすいものを一冊だけ購入し、それをひたすら理解できるように読み進めていくことがおすすめです。

 

そして、過去問題集などの問題集も、解説やアドバイスなどが豊富な一冊のみ購入し、それを繰り返し解くというのがいいかと思います。

 

もしテキストの購入で迷われている場合には、ユーキャンの教材はとてもおすすめです。

 

分かりやすいと定評がありますし、とても人気のテキストとなります。

 

出来れば別の方法を!

独学で最安の方法をとりたい場合、どうしてもテキスト代などを削っていくことが優先されてしまい、必要なものまで購入できなくなる可能性もあります。

 

その点、通信講座や通学講座などで対策を行っていく方法であれば、3万円や4万円という費用が必要になるものの、テキストなどもしっかり揃えられており、解説も豊富です。

 

「独学で合格したい」というこだわりも気持ちも大切ですし、費用を安く抑えたいという気持ちもあると思いますが、しっかり勉強していくためには、ある程度の費用は必要となるものです。

 

独学で厳しいと感じた際には、講座などを受講してみるというのも、とても良い手だと思います。