「保育士資格」と「幼稚園教諭免許」の違いとは?

保育士の資格と幼稚園教諭免許の違いにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

どちらも就学前のこども達を対象としているのですが、この2つには大きな違いがあります。

 

保育士資格と幼稚園教諭免許の大きな違いとは

保育士資格と幼稚園教諭免許の大きな違いには、いくつかのものがあります。

 

仕事の違い
保育士の資格

保育園に通うこども達に対し、保護者の代わりとなって生活の支援や保育を行います。

 

幼稚園教諭免許

幼稚園に通うこども達に対し、教諭としてこども達の就学前の教育を行います。

 

保育士の資格がなくても保育補助として保育に携わることは可能となっています。

 

ですが、幼稚園教諭免許を持たずに幼稚園に通うこども達と関わることは出来ません。

 

保育を行う仕事なのか、先生として教育を行う仕事なのかという部分は、とても大きな違いだと言えます。

 

管轄の違い
保育士

保育園は厚生労働省の管轄です。

 

幼稚園教諭

幼稚園は文部科学省の管轄です。

 

資格取得のしやすさの違い
保育士資格
保育士養成カリキュラムのある学校に通うもしくは、保育士試験を受験することで取得可能。

 

幼稚園教諭免許

幼稚園教諭養成カリキュラムのある学校に通うもしくは、保育士の免許を取得してから実務経験を積み、幼稚園教諭資格認定試験を受験する。

 

このように、保育士資格の方が取得しやすい資格として認識されています。

 

ただ、国家試験となっていますので簡単に取得できるわけではありませんし、あくまでも取得までの過程の問題だと言えます。

 

保育士の資格と幼稚園教諭免許の違いには様々なものがあります。

 

ですが、やはり一番大きな違いというのは、「保育」を行う仕事なのか、「教育」を行う仕事なのかという点かと思います。

 

保育を行うプロフェッショナルが保育士で、就学前のこども達の教育を行うプロフェッショナルが幼稚園教諭ということです。

 

どちらも誇りを持って仕事をする方が多く、こども達が好きな方々に人気の仕事・資格となっています。