保育士になるには|ピアノのスキルはどれくらい求められる?

保育士といえば、”こども達と一緒にピアノを弾きながら歌う”ということも大切なお仕事です。

 

このピアノ、一体どのくらいのスキルが求められるのでしょうか。

 

場合によっては、ピアノのスキルがないために保育士になれないという事もあるのかもしれません。

 

ここでは、保育士になるためにピアノのスキルがどの程度求められるのか、見ていきたいと思います。

 

ピアノのスキルはどの程度求められるの?

ピアノを弾きながらこども達と一緒に歌うということは、ある程度ピアノが弾けなくては出来ないように思えます。

 

では、実際にはどの程度のスキルが求められるのでしょうか。

 

実際に、保育士の試験ではピアノの試験があります。

 

といっても、音楽・絵画・言語の中から選ぶため、ピアノを避けて通ることができるのですが、結局保育園の採用試験ではピアノの試験があることが多いのです。

 

となると、やはりピアノはある程度弾けたほうがいいとも言えます。

 

小さな頃からピアノを習っていて、楽譜があれば弾けるという方や、簡単なものなら弾きながら歌えるという方の場合には問題ありません。

 

ですが、全くピアノに触った事がない、ピアノが苦手という方の場合、対策をすべくピアノの先生に教えてもらう必要があります。

 

最終的には、難しい曲ではなく、試験に出されるような童謡などが弾ける程度で十分です。

 

ただ、保育園によってはピアノの練習曲のような曲や、得意な曲を求められることがありますので、その点は注意が必要です。

 

また、ピアノを上手に弾けることは大切かもしれませんが、それよりも重要となることとして、こども達と一緒に楽しく歌うことができるかという点があります。

 

ピアノを弾くことばかりに集中し、こどもが置いてけぼりになってしまうということでは、全く意味がありません。

 

いかに上手に弾けるかという事より、こども達と一緒に楽しむ事ができるかという部分の方が重要となっているのです。

 

努力はもちろん大切ですが、そこまで構える必要はありません。