保育士試験の合格率はどれくらい?

保育士試験を受験しようとされている方が気になっている部分としては、保育士試験の合格率なのではないかと思います。

 

どんな試験を受験するにしても、どのくらいの方が合格されているのかという事が分かる合格率は、なんだか気になるものです。

 

ここでは、保育士試験の合格率についてご紹介していきたいと思います。

 

気になる!保育士試験の合格率は?

では早速、保育士試験の合格率について見ていきましょう。

 

保育士試験は、筆記試験と実技試験に分かれており、両方の試験に合格する必要があります。

 

筆記試験

この筆記試験と実技試験では、合格率が大きく異なります。

 

というのも、合格ラインは6割以上となっているのですが、この筆記試験では、全体で6割以上の正答率で合格ラインに達すると合格となるわけではありません。

 

各科目ごとに、6割以上の点数をとらなくてはならないことになっています。

 

つまり、どの科目かが一つでも6割以上に満たなければ、合格とはならないということです。

 

この筆記試験、各科目全てが合格ラインに達する方というのは、10%程度とされています。

 

つまり合格率は10%程度というわけです。

 

実技試験

実技試験に関しては、筆記試験に合格となった方のみ受験することが出来ます。

 

この実技試験の合格率は、90%程度となっており、とても高い数字が出ています。

 

実技試験も3分野の中から選んだ2分野において、それぞれ6割以上の点数となることが合格ラインとなります。

 

総合

これらの試験を併せた総合での保育士試験合格率は、平成26年度では19.3%と発表されています。

 

とても低い数字のように感じられるかもしれませんが、しっかりと対策を行い、真面目に勉強を続けていけば、不可能なものではありません。

 

今では、保育士試験の受験対策講座なども多く開講されていますので、そのような講座を受講してみるというのもとてもおすすめです。

 

中には実技試験に対応しているものもありますので、検討してみてくださいね。