保育士登録の方法とは?

保育士の試験に合格しても、登録しなくては保育士として働く事は出来ません。

 

ここでは、保育士登録の方法などについて、ご説明していきます。

 

保育士登録をしなくては保育士と名乗れない?!

保育士の試験に合格すれば、すぐに「保育士です」と名乗る事が出来ると思っておられる方も多いのではないでしょうか。

 

国家資格には、名称独占や業務独占などがあります。

 

業務独占の国家資格

弁護士、医師、看護師など

 

名称独占の国家資格

社会福祉士、介護福祉士、保育士など

 

このように、その免許や資格を取得している場合にのみ業務が可能となる国家資格は業務独占と言います。

 

業務独占の国家資格が必要な仕事の場合、無資格の状態で同じような業務を行う事は不可能となっています。

 

そして、その免許や資格を取得している場合にのみ、名乗る事が出来る国家資格は、名称独占と言います。

 

無資格の状態であっても同じような業務を行う事が可能となるのですが、無資格の状態では「保育士です」というように、その職種を名乗ることは出来ません。

 

保育士は名称独占の国家資格となっており、保育士登録を行わなくては保育士と名乗る事が出来ません。

 

万が一働く際に保育士登録がまだの場合、保育士として働く事が出来なくなってしまいます。

 

保育士登録の方法は?

では、保育士登録の方法について見ていきたいと思います。

 

保育士試験に合格したり、保育士の養成学校を卒業した方は、保育士登録を行う必要があります。

 

1.都道府県知事委託登録機関 登録事務処理センターより保育士登録の手引きを取り寄せる
2.登録手数料を振り込む
3.保育士登録に必要となる書類を用意する
4.申請書類を提出する
5.およそ2ヶ月程度で保育士証が交付される

 

このような方法で保育士登録を行うことが出来ます。

 

保育士として働く前に、保育士登録をしておく必要がありますので、素早く手続きを済ませるようにしてくださいね。