最短で保育士になるには?

こどもが大好きで、一緒に遊びながら学びたい!という方は、出来るだけ早く保育士として活躍したいと考えておられると思います。

 

保育士になる方法はいくつか存在していますが、その中でも最短で保育士となる方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

ここでは、最短で保育士になる方法についてご紹介していきます。

 

最短で保育士になるにはどうすればいいの?

最短で保育士となる方法をご説明する前に、まずは保育士になる方法について見ていきましょう。

 

・保育士の国家試験を受験し、合格する
・指定の保育士養成校を卒業する

 

保育士になるための方法としては、この2つの方法があります。

 

では、この方法のうち、最短と言える方法はどちらなのか、見ていきたいと思います。

 

まず、保育士の国家試験を受験して合格するという方法であれば、養成校などに通わなくても受験することが出来ます。

 

ただ、高卒の場合は高校卒業後に児童福祉施設にて2年以上かつ2,880時間以上勤務経験があったり、中卒の場合は中学卒業後に児童福祉施設において5年以上かつ7,200時間以上の勤務経験があることなどが求められます。

 

大学卒業や短大卒業、専門学校卒業といったような方は、保育科などではなくとも、卒業していることが受験資格となります。

 

この方法であれば、条件さえ満たしていれば、社会人の方であっても最短で保育士になることが可能と言えます。

 

そして、指定の保育士養成校を卒業するという方法では、保育士の試験を受験することなく資格を取得することが出来ます。

 

この養成校は、厚生労働省が指定している大学や短大、専門学校などを指しており、この方法は最もメジャーな保育士になる方法となっています。

 

ただ、養成校に通わずに保育士試験を受験するという方法と比べてみると、最短とは言えません。

 

結局、どのような方法が最短となるのかというと、人によって違うと言えます。

 

現在高校生の方で、最短で保育士になりたいという方にとっては、指定の専門学校に通う方法が最短と言えます。

 

現在大学生(保育関連以外の大学)の方は、卒業後に保育士試験を受験するという方法が最短だと思います。

 

現在大学生(指定の養成校)の方は、そのまま卒業という道が最短です。

 

社会人の方であれば、保育士試験を受験するという方法が最短と言えます。

 

このように、自分がどのような状況にいるのかという事によって、最短の方法は異なってきます。